楽天とドコモの相互接続


楽天が携帯電話事業に新規参入するにあたり、

最大6000億円を基地局の整備に投入する予定があると報じられた。

楽天は2月中にも総務省に、携帯電話用の周波数の割当を申請する考え。

その計画の中で、基地局の整備に遅れが生じる地域ではNTTドコモの回線に相互接続を検討しているという。

この観測についてNTTドコモは

「断る理由もないが応じる義務もない」

とし、手数料収入の水準によっては楽天との協議に応じる可能性を示唆した格好となる。







格安SIMが尻すぼみになってきた印象のある現状で、

近い将来、楽天 vs. Yahoo! から

楽天 vs. SoftBank 他 

という図式になっていくのだろうか?